特殊注入工事一式

特殊注入工事一式【ニュークイック方式】【FST工法】【一般注入】

FST工法【各多層空隙位置停止対応アンカービンニング部分(全面)エポキシ樹脂注入工法】

FST工法は、従来の湿式低騒音ドリルを使用した工法の利点に加え、更に、樹脂注入作業の全ての問題を解決すべく、新たに開発された工法です。

  1. 湿式低騒音ドリルの精度向上(穿孔時のかじり音、振動、騒音の低減)。
  2. ノズルの手動機構により樹脂注入口の位置が自由に調整でき、常に樹脂注入状況を確認しつつ注入作業を進めることができる。
  3. 一層浮き・二層浮き・三層浮き・四層浮き等どのような多層浮きに対しても確実な樹脂注入を可能。

T-2(湿式二軸低騒音ドリル)

T-2(湿式二軸低騒音ドリル)

各種ビット

各種ビット

FSノズル

FSノズル

キャップ一体型の全ネジピンで綺麗な仕上げ

FSノズルと一般ノズルの樹脂注入状況比較

FSノズル
底部注入ノズル
一般ノズル

単一孔

単一孔

単一孔


一層浮

一層浮

一層浮

二層浮

二層浮

二層浮

三層浮

三層浮

三層浮

四層浮
全ての層に樹脂が注入される

四層浮
上層が注入されない

四層浮
最深部に樹脂が注入されない

一般ノズルでは上部より樹脂を注入するため、内部空気の反発により躯体(下部)に樹脂が注入されません。
また、底部注入ノズルで最深部より樹脂を注入しても多層にわって注入されませんでした。

この問題を解決したのがFSノズルです。
FSノズルは注入位置を可変することにより、全ての層に注入が可能となります。


お問合せはこちらまで


お問合せ

〒336-0015 
埼玉県 さいたま市南区 太田窪3506-11